肯定已经无法变成爱情了

编辑:价值网互动百科 时间:2020-04-06 16:34:24
编辑 锁定
《肯定已经无法变成爱情了》是日本女歌手竹井诗织里演唱的歌曲,由AZUKI七作词,大野爱果作曲[1]  ,小林哲编曲,收录在她的同名单曲EP中,于2006年8月30日发行[2] 
该单曲发行首周在日本公信榜单曲周榜上排名88位[2]  ,后收录进她的第三张录音室专辑《Diary》中[3] 
中文名称
肯定已经无法变成爱情了
外文名称
きっともう恋にはならない
所属专辑
Diary
歌曲时长
4分21秒
发行时间
2006年8月30日
歌曲原唱
竹井诗织里
填    词
AZUKI七
谱    曲
大野爱果
编    曲
小林哲
音乐风格
J-POP
歌曲语言
日文
发行公司
GIZA studio

肯定已经无法变成爱情了创作背景

编辑
《肯定已经无法变成爱情了》由AZUKI七作词,大野爱果作曲[1]  ,小林哲编曲,这是继竹井诗织里的出道单曲《沉静的旋律》后第二次由此三人完成乐曲[4]  。这首歌所表现的主题为8月,这从该歌曲收录进专辑《Diary》的曲序可以看出(该专辑收录的12首歌曲分别对应着12个月)[3] 

肯定已经无法变成爱情了歌曲歌词

编辑
周末二人会うまでに
どれ位互いを想うでしょう
近づく程にある种の
キョリを生みだしてくようだな
饱きもせず话してたことだとか
ただずっと并んで歩いたことだとか
ふいの小さなプレゼントとか
何処へゆく时间だったのでしょう
きっともう恋にはならない
それが新しい'特别'であるかのように
驯れ合いではなく
わかり合えた二人の言叶はテレパシー?
雨に濡れても二人なら
ふざけたまんまで走れる
そんな风にただ信じてた
梦みがちなのは得意です
わりと打たれ弱い方だとか
一人で决めるのは苦手だとか
人见知りも度がすぎることも
どっか似ている二人だからね
きっともう恋にはならない
わかってるけれど重ねた日々は爱しく
もう少し やれるんじゃないかって
语りかけるように後押しするのです
きっともう恋にはならない
それが新しい'特别'であるかのように
驯れ合いではなく
わかり合えた二人の言叶はテレパシー?
恋に戻れない
それはこの国のありふれた爱の形で
退屈じゃなく
时を重ねた二人が手にするもの?です。[5] 

肯定已经无法变成爱情了歌曲鉴赏

编辑
《肯定已经无法变成爱情了》融合了原声声响和巴萨诺瓦,有着旋律轻快的副歌。在原声吉他的渲染下,给人凉爽的夏日之感。从竹井诗织里轻柔的吟唱中能让人感觉到恋人之间暖暖的爱意[6-7] (CD Journal、腾讯网评)
参考资料
词条标签:
音乐